過払い金の相談は法律事務所にするといい|費用面は気にせずに

スーツの男性

相続税と相続の対策

複数の男女

相続の対策と知るべき情報

相続対策とは後々相続人が争うことのないようにしておくことが大切です。ではどのようにしておけば後々争いがないのかというとやはり被相続人が遺産分割を決めておくことが大切になります。もちろん完全になくなるという訳ではありませんがより争いが起こりにくくなります。この点からの相続対策としては遺言を活用することが大切です。この遺言によって被相続人が遺産分割を行うことができます。遺言の方法はいくつかありますが一番公的に信用力の高い方法は公正証書遺言です。遺言だけであれば自筆でも可能ですが形式を満たす必要があるなどさまざまな制約があるため相続対策として不十分になる可能性もあります。したがって相続対策を行うためには公正証書遺言を行うことが大切です。

相続税の対策

最近では相続税対策という言葉が新聞や雑誌などのメディアに頻繁に出てきています。なぜ相続税対策が人気となっているのかというと相続税の課税が従来よりも重くなっているためです。たとえば基礎控除が縮小されています。基礎控除とは相続税の計算をする上で必ず課税財産から控除することができるものですがこの基礎控除が従来の50,000,000円から30,000,000円に縮小されています。また法定相続人一人当たりの基礎控除も従来まで10,000,000円だったものが6,000,000円に縮小されています。この点だけをみても従来と同じ額の財産であっても相続税の課税が多くなるため相続税対策が必要となります。また従来であれば相続税の課税がなかったケ−スも相続税対策が必要となります。